オウンドメディア「by Seiko watch design」リニューアルの事例

オウンドメディア「by Seiko watch design」リニューアルの事例

セイコーウオッチ株式会社
by Seiko watch design-サイトイメージ

お客様の企業情報

会社名セイコーウオッチ株式会社
住所〒104-8118 東京都中央区銀座1丁目26番1号
URLhttps://www.seikowatches.com/jp-ja/

リリースしたサイトの情報

サイト区分Web メディア
ローンチ期間2020年 7月 〜 2020年 8月 (2ヶ月)
サイト名by Seiko watch design
サイト URLhttps://www.seiko-design.com/
https://www.seiko-design.com/en/

サイト制作の背景

  • セイコーデザインの魅力を内外に発信し顧客体験の向上につなげることを目的に、2017年 6月にオウンドメディアとして Web サイトを立ち上げたのが本メディアの始まり。
  • 質にこだわったコンテンツを発信し続けたことで、コンテンツが販促素材に活用されたり、2017年 10月からは英語版が公開され海外からの流入も増加したりと、着実に成長。
  • 第 2フェーズとして、コンテンツの拡充によってメディアの成長をさらに加速させるため、効率的な管理・運営という観点から CMS の導入を決定。セイコーグループですでに取引実績があったデジタルキューブにサイト制作を依頼いただいた。

当社が提供したサービス

WordPress でのサイト制作

要件定義/設計

お客様にいただいた要求事項を元に機能要件・仕様を定義。またダッシュボードの設計、インストールプラグインの選定等を実施。

HTML/ CSS/ JavaScript(静的 HTML)作成

お客様が制作されたデザインを元にHTML/ CSS/ JavaScript(静的 HTML)を作成。

WordPress のテーマ・機能開発

お客様が制作されたデザインを元に、デジタルキューブにてテーマ・機能を開発。

多言語サイトの実現

Polylang プラグインを利用することで 1つの WordPress で複数言語のコンテンツ管理が可能に。Polylang プラグインは Google が推奨しているページのローカライズ版に必要な HTML タグにも対応。

関連用語への自動リンク機能

投稿本文内に関連用語(カスタム投稿タイプ)があった場合、投稿表示時に対象の用語をクリックするとモーダルウィンドウ内で用語集の一部を表示。

インフラ

AMIMOTO マネージドホスティング
https://ja.amimoto-ami.com/

保守

WordPress アップデート代行作業 (年間)
https://labworks.digitalcube.jp/services/support/wordpress-update-annual/

お客様のインタビュー紹介

セイコーウオッチ株式会社様が運営しているオウンドメディア「by Seiko watch design」のリニューアルと WordPress の導入の経緯やその後の変化について、ご担当者様にお伺いしました。

SmartHRSHARP
mikihouseInternet Society
INFOBAHN GROUPfreee
CanCam旭化成
SmartHRSHARP
mikihouseInternet Society
INFOBAHN GROUPfreee
CanCam旭化成
Contact

当社へご興味をお持ちいただきありがとうございます。
「こんなことやってみたい!」と、ぜひ気軽にご相談ください。
担当者よりご連絡差し上げます。