Coding

HTML/ CSS/ JavaScript(静的 HTML)作成

WordPress での構築を前提に、HTML/ CSS/ JavaScript のコーディングを行います。通常の Web サイトはもちろん、ランディングページの作成もお任せください。

HTML/ CSS/ JavaScript (静的 HTML)作成とは

ワイヤーフレーム/ コンポーネント作成フェーズで決めたデザインを HTML/ CSS/ JavaScript を使ってコーディングするフェーズです。デジタルキューブでは、CMS 組み込み(WordPress テーマ開発)と同時に行います。

WordPress のテーマベースで作ることが可能なので、例えば1枚もののランディングページであったとしても、カスタマイズしやすいランディングページを作ることができます。 また、Google が推奨するコーディングルールに則っていますので、SEO 観点の考慮漏れも心配ありません。

HTML/ CSS/ JavaScript (静的 HTML)作成で行うこと

HTML/ CSS/ JavaScript (静的 HTML)作成フェーズでは下記のようなことを行います。

  • HTMLの作成
  • CSSの作成
  • JavaScriptの作成

HTML/ CSS/ JavaScript (静的 HTML)作成を行う場合の注意点

1. 事前に要件定義・設計を行なっておくこと

Web サイトを制作する場合は、よほどのケースでない限りすぐにコーディングを行うことはありません。Web サイトを制作することになった背景やゴール・解決したい課題を関係者とすりあわせ、その上で、サイトに求める機能や想定する運用などを確認し、設計を行いましょう。

2. ワイヤーフレーム設計段階で、開発が可能か・どのように開発するかを検討しておくこと

これはディレクターやデザイナーの役割でもありますが、ワイヤーフレームの設計段階で、開発が可能か・WordPress のダッシュボードも鑑みながら、どのようにコーディングするのが良いかを関係者間で検討します。開発を考慮しないデザインを作成した場合、開発に予想以上の時間がかかったり、最悪の場合は開発自体が難しく手戻りが発生したりといったことになりかねません。

3. 設計の考慮漏れがあるとわかった場合、関係者と連携すること

完璧な要件定義や設計は存在しません。万が一コーディングのフェーズで設計の考慮漏れや追加で確認しなければいけない要件があれば、ディレクターや顧客にすぐに連携し、対応を検討しましょう。

Flow

Web サイト制作のプロジェクト進行フロー

お問合せ/お見積り

Web サイトの目的やご依頼内容をヒアリングし、概算費用をお見積もりいたします。

仕様/要件定義

正式なご依頼後、要件定義を行い、仕様・設計を詰めていきます。

製作開始

デザインやコーディング、WordPress テーマの開発を行い、当社でテストを行います。

運用/保守

お客様の検収が終了しローンチが完了したら、サイトの運用開始となります。

FAQ

よくある質問

Web サイト制作について

顧客から、WordPress を使った Web サイト制作の依頼を受けています。プラグインの選定・提案をお願いすることは可能ですか?

はい。WordPress公式プラグインの中からご希望に添うプラグインを提案いたします。ご要件に合致するプラグインがない場合、当社で独自プラグインを開発することも可能です。

デザインは自社で準備する予定です。デザインデータの提供形式に指定はありますか?

Figma、Sketch、Adobe XD、Adobe Photoshop に対応しています。それ以外の形式についてはご相談ください。

Webサイトのリニューアルにともない、データ移行をお願いすることはできますか?

可能です。データ移行についてはデータ移行(マイグレーション)をご覧ください。

Contact

当社へご興味をお持ちいただきありがとうございます。
「こんなことやってみたい!」と、ぜひ気軽にご相談ください。
担当者よりご連絡差し上げます。